2006年02月12日

オカヤドカリの数え方

180212.jpg

図書館で、ヤドカリ、オカヤドカリ関連の本を3冊借りた。
最近は、インターネットで本を検索して予約できるんですね!
いやー、便利な時代になりました。

さっそく、オカヤドカリで検索してみると

小笠原諸島オカヤドカリ生息状況調査報告(東京都教育委員会)

1件のみ。

ヤドカリで検索してみると

52件。

とれもろさんのオカヤドカリ見聞録の、本の紹介を参考にさせて頂いて

ヤドカリの海辺(今福道夫氏)
原色日本大型甲殻類図鑑(1)(三宅貞祥氏)

この3冊を借りてきました。

ヤドカリの海辺が読みやすく写真もいっぱいあって面白く、
あとの2冊は専門書で、なかなか難しいのですが
気になっていたオカヤドカリの数え方ですが

ヤドカリの海辺・・・1匹
小笠原諸島… ・・・1尾
原色…    ・・・?

となってました。
まあ、これまで通り1匹2匹でいいのかな?

あと1番左の本はこの前買ったものですが、
マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)
オススメです!
早く中級編に進みたい!
posted by やどパパ at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

さよなら、インディ

昨日、インディを子供たちと一緒に土に埋めた。
前にモアナを埋めたところに。

反省点は多いが次にいかせるようにしよう。

そして、リンリンの卵の様なものの件だが
一度、砂に潜ってしまってその後の様子がわからなかったが、
また出てきたので観察した。

まだ、同じようにある。
うーん、これはひとりで大騒ぎしてしまったが産卵関係ではないだろう。
何かはまだよくわからないが、体の一部か?

ミドリサザエさんのご指摘のとおり、季節も違う。

リンリンの入っている貝殻はフクロガイもしくは似た貝だと思うのだが
他の巻き貝、サザエやツメタガイに比べて、奥行きが短い。
その分、わが家の他のオカヤドカリには見えない部分が、見えたのか?

図書館に予約した本が、入ったようなのでもう少し研究してみる。
インディが死んでしまったときに、たまたま見つけて興奮してしまい、
お騒がせしました。

posted by やどパパ at 01:41| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

はたして、精包なのか?

昨日、撮った写真のつづき。
180205.jpg

180205_2.jpg

180205_3.jpg

逆側にも同じような物があるかと思ったが、体の一部だったようだ。
そして、リンリンはメス。
今日借りた本(ヤドカリ観察事典・偕成社)によると、オスは精包とよばれるカプセルを出して、
粘液でメスの腹部に貼りつける。(海のヤドカリ、ホンヤドカリの話ですが。)
そして、オスが去ってメスが新しい卵を産むらしい。
さて、オカヤドカリはどうなのか?
特に知りたいのは、これがもし本当に精包ならリンリンは卵を産むのだろうが、それはいつか?
交接からそんなに時間を置くとは思えないのだが・・・

今日はリンリンは見あたらない。
水入れなどよけてみたが、簡単に見つけれる所にはいなかった。
探してお腹を見てみたい気もするが、微妙な時期だろうし砂を掘ってまではやめておこう。

しかし、3枚目の写真、いろいろ気になる所が多い。
赤い点々や膨らみ具合など。
1番気になるのは、精包と思っている物がただ貝に引っ掛かっているように見える。
腹部に張り付いてるようには見えないなー。

posted by やどパパ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

ついに見つけた。そして・・・

今朝、10時頃ついにインディを見つけた。
インディはベランダにいた。
前に使っていた45cm水槽が置いてあってその下の、排水路の溝にいた。
高さは、ちょうどインディの貝が入るぐらいだろう。
貝の中に閉じこもっている様に見える。

窓から家の中に入り、少し霧吹きで水をかけて、手で暖めるが動かない。
今にも、もぞもぞ動き出しそうなのだが・・・

いつ外に出たのか?
いつからあそこにいたのだろう?
最初に脱走に気づいてあちこち探した時、ベランダも探した。
水槽の下は見なかったか?見た気もするがわからない。
あの時は他にいて、まだ生きていてここに来た?

いろいろ考えるが、残念な事にインディは動かない。
どうやって外に出たかなんて今となっては、どうでもいいことだ。
これで日々、植木鉢の様子を見る必要が無くなった。

妻と子供たちは図書館に行っていていなかった。
子供たちになんて言おうか?
こんなことなら、海水槽と合体したのは失敗だったか?
脱走したのがせめてもう少し暖かい季節なら・・・

このまえの砂替えの後、銀とりんちゃんも地上に出てきていた。
久しぶりに5匹全員で写真を撮った。

180204_1.jpg

そして、最近あまり手にとってなかったので、手のひらに乗せてみたりした。
この4匹は、飼い主のせいで死なせないように。

その時、リンリンの貝の中にサンゴ砂が入ってるなーと思ったら
!!!
ちなみにリンリンは、下の写真のオカヤドカリ。

180204_2.jpg

そして、
これは???
もしかして卵???

180204_3.jpg
posted by やどパパ at 13:26| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

まつ毛の謎にせまれるか?

最近のオカヤドカリのアップの写真で、またまつ毛のような物が見えた。
今度こそ、まつ毛の謎にせまってみようとアップの限界に挑戦!

180128_1.jpg

あれ、またまつ毛はよく分からないけど、複眼ってこんな感じかー。
ピクセル等倍まで拡大してみる。

180128_2.jpg

六角形?
posted by やどパパ at 20:48| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

インディ、行方不明

最近、仕事が忙しくなかなか、家にいる時間がなかった。
昨日の19日、久しぶりに休みだったので、ヤド水槽をひっくり返す(左右反転)事にした。
そして、OT-30という外掛けフィルターをはずし、オカヤドの脱走の可能性を減らし
オカヤドの砂替えをして、銀とりんちゃんの様子を探る計画だ。

徐々に計画は進み、
オカヤドの砂をそうっと取っていく。
砂は予想外に湿っていた。
と、いきなり

180120_1.jpg

りんちゃんがいた。
周りの砂を取っても、動きそうにない。
持ってみると、すこし動いた。まるで冬眠?
脱皮殻も見た感じ、見つからない。

ほっといて、また砂を取っていくと、今度は銀がいた。
りんちゃんと似たような感じだ。動き出したりはしない。持ってみるとすこし動くが、顔を出してはこない。
ハサミでフタをしたままだ。
銀の写真も撮ろうかな、と思ったが・・・

なにか、変だ・・・
インディがいない!
砂はもう半分以上取り除いている。
いてくれよー、と思いながら砂を取っていく。
インディはいない。
ほぼ、砂は全部バケツに移していた。

インディは小さいから、間違って砂と一緒に取り出したかもしれない。
もう一つのバケツに、水槽から取り出したばかりの砂をまた移していく。
今度はすこしずつ、慎重に。
やはりインディはいない!

脱走だ!
ひとあし遅かった。
もう少し早く対策するべきだった。
反省すべき点は多々あるが、いまはインディを探さなくては。

ありとあらゆる所を探した。
冷蔵庫の下からタンスの中まで。
押し入れの中から下駄箱の中まで。

どうしても見つからない。
いつから、いなくなったのか?
1週間前後?
わが家は、気温的には大丈夫な場所は結構あると思うが、湿度が問題だ。
水分が無くなればダメだろう。

180120_2.jpg

1/8のインディ。
音がしないかと、耳を澄ますが・・・
posted by やどパパ at 21:39| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

まつげ?

エダアシクラゲは、今日は21個体ほどいた。
軽く数えただけでそれだけいたので、恐ろしい。
水流が足りないせいかと、使っていないパワーヘッドを設置して少し足した。

180109_1.jpg

さて、3匹だけで長い事過ごしているオカヤド。
リンリンが、このごろよく砂を掘っている。
昼夜、よくわからない活動タイムだが・・・

180109_2.jpg

あれ、目の上にまつげのような?
前にもそんな写真があったような?
さらに

180109_3.jpg

いやーオカヤドカリって、目がポイントだなー。
posted by やどパパ at 20:04| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

脱走成功?

180105_1.jpg

昨日、ふとみるとリンリンが綱渡り。
なかなか進まないので、ジッと見ているわけにもいかず・・・

カタンと音がして見にいってみると

180105_2.jpg

脱走は失敗に終わり、海の中。
さあーもどれるかな?
橋は、年末に少し改良してある。
オカヤドカリは、とにかく水槽の壁づたいに歩き、角のシリコンのところを登ろうとする。

それで、手前の角の部分には、パンチシートを追加したのだ。
リンリンは・・・
奥の角だ!
そっちはまだなにもしてないよー。
手前のほうにくる様子も無く、また助け出しました。
posted by やどパパ at 08:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

橋の次は?

171228_1.jpg

半年くらい前から買っておいた貝殻。
中を開けて見ると

171228_2.jpg

この中から巻き貝を残し二枚貝を除く。
結構、手作業で時間がかかった。

171228_3.jpg

全部で約240個くらいだろう。
かなり小さい貝もあったので、赤ちゃんヤドでも少しは大丈夫だろう。

あと、今日ついにリンリンが自ら海水に入っていた。
一度みたら橋の中腹あたりにいて、もしかしたら?と思っていたが
それから30分後位だろうか?
もう一度みたら海水の中でじっとしていた。
やばいと思ってすぐに引き上げた。
実際何分ぐらい入っていたのだろうか?
もしかして海水の中にいても平気なのか?
えら呼吸だし・・・

リンリンが無事動いて行くのを確認し、ナンシーとインディを探したらインディがいない!
乾燥ぎみだったからもぐったかなーと、その時後ろでカツンと音がした。
振り返るとレゴの説明書の上にインディが!

脱走だー!
確かに可能性はある配置になってる。マングローブの高さが水槽の高さを超えてるので、海ヤド側にはフタをしていない。
ここも改良しなくちゃいけないなー。

今日は、このリンリンが海水の中、とインディ脱走という2つの決定的瞬間を写真に撮れなかったのは非常に残念。
キョウがデジカメを昨日友達の家に忘れてきてしかも取りに行かなかったためだ。
カメラというものが持つ重要性をわかって欲しいけど、わかんないだろうな。
posted by やどパパ at 22:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

橋の全貌

171225.jpg

90cm水槽のオカヤド陸地部分(左半分)と海ヤド海部分(右半分)をつなぐ橋。
大げさに書いてますが、ただのエンビシートをくっつけて、曲げただけのシンプルな物。

120cm水槽なら砂浜部分を作って、陸と海をつなぎたかったが、そうなると高さの問題があり、水槽の高さもかなり必要だろう。潮の満ち引きに相当するようなことも実現したくなる・・・

現状ではこれが精一杯かな。

さて、オカヤドカリが自然に、自分で海水側に行くか?
もうすこし、工夫できないかなー?

橋には、やどパパ大橋という名前をキョウが付けてくれました。
posted by やどパパ at 21:27| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

ついに完成!オカヤドカリ橋

171221.jpg

クックック・・・
やっと、
橋を架けました・・・
年末ジャンボ宝くじも、昨日ギリギリで買ったけど気分が同じ。
可能性がゼロではない。
オカヤドカリが繁殖する可能性。

さて、橋の頂上付近にナンシーを置いてみた。
海水をちらっとなめてどっちつかず。

うーん、もっと自然に海に入るのを待つか・・・
・・・
・・・
えーい、全員ドボンだー!!!
いま、地上にいた、リンリンとインディを海水の中へ。
インディはうろうろしている。出る道がわからなそうだ。
おぼれてはいけないので救い出す。

一方リンリンはウニに驚いていたりしたが、
171221_2.jpg

マングローブを登った。
それは、やっと芽?が出てきた大事なヤツだぞ!
切らないでー!
posted by やどパパ at 18:09| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

砂のなかから

171220.jpg

この前の日曜日。
砂の中から突然、銀が登場。
水槽を変えてすぐに潜って見あたらなくなっていた銀だが、ちょうど1週間で出てきた。
まだ、脱皮はしていないだろう。
多分、太陽の直射が当たる所に潜っていて、暑くて出てきたのか。

いままで、オカヤド水槽は、部屋の中でもう少し高い位置にあり太陽の日差しはあたらなかった。
今回、海水槽との合体で、朝の8時から9時くらいの間、1/3ぐらいが日なたになる。
温度と湿度には気をつけなくてはならないので、日陰の割合は検討中。

次の日、また銀は砂に潜ったようだ。
posted by やどパパ at 02:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

オカヤドカリは海ヤドの夢をみるか?

171215.jpg

これは、日曜日に撮った写真。
水槽を合体したらいきなりこんな感じに。

銀とりんちゃんは、その後見あたらず脱皮体制。
いま、オカヤドカリは全部で5匹。
海ヤドは、全部で5匹。
本水槽にいた2匹も今日移したので、7匹。
総勢12匹のヤドカリ水槽となりました。

オカヤドカリは名前が付いてるけど、海ヤドカリはまだ名前無しです。
ホンヤドカリは冬に繁殖するみたいなので、ホンヤド2匹に期待して。
イソヨコバサミとケアシホンヤドカリは、どうなのかな?
posted by やどパパ at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

とりあえず合体完了!

このところ、ちょっと2泊3日ほど家を空けた。
その前に、一度更新したかったのだができずこんなに間が開いてしまったが・・・

171211.jpg

どうも最近、風邪なのか何なのか体中のアチコチが痛い。
それで昨日早く寝てしまい今朝4時ごろ起きてしまった。
よし、今日しかないと90cm水槽にいろいろ入れる。

家の中で90cm水槽をどこに置くか決めかねていて、そうなると中の配置も
また決められない。
いま置いている場所は日当たりが良過ぎる(午前中だけ)

ただ、自然光は活かしていきたいので、この状態でオカヤド側の気温と湿度、そして水温を観つつ陰の部分を作っていくことにしよう!
いろいろ悩んでいると進まない。とりあえずで前進するぞ!
posted by やどパパ at 11:07| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

ついに!

到着!
うーん、おもったより簡単な梱包だが自然にやさしいからいいか。

171203.jpg

なかなか、感慨深い。
って、まだ完成までほど遠いけど、ついにスタートする感じが・・・

結局、サイズは90cmにしました。
一番の決め手は水槽の重さ。
120cmおけないスペースではなかったけど、重さ的には耐えられそうにない場所なので水槽台も考えなくてはならなくなる。そうすると予算、スペースを圧迫する。
90cm水槽なら、オカヤドと海ヤドの水槽だから、海水の量は水槽の体積の半分以下にするつもり。
そうなると、普通に海水で9割入れるよりはだいぶ軽い。
それならいま使ってる、ボックスの台でいけそう。

それなりのレイアウトは考えてたけど、水槽を前にしてまた悩み始めてしまった。

今日から、キョウとやどパパの共有ブログの設定にしたので、最初にby やどパパと書かなくても良くなりました。
posted by やどパパ at 23:18| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

わが家のオカヤド・・・銀

by やどパパ

171128.jpg

わが家で一番大きいオカヤド、銀。
そうは、いっても、ハーミーズのペイントシェルに入るくらいの大きさ。
銀座のショップで買ったから、銀という名前になった。

なんといっても、去年目の前で脱皮したのがすごい!
わが家で初めての脱皮が砂の上で、見てる目の前で起こったのだ。
詳しくは
http://yado-ikka.seesaa.net/article/609573.html#more

ビデオも撮っているのだが、うまくアップロードする場所がない。

今年は、五月に脱皮してるようだ。
その頃は、海水槽に熱中するあまり記録があまりない・・・

いままで、あまり気にしていなかったが、目が逆ハの字型だなー。
posted by キョウ at 22:09| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

90cmか120cmか?

by やどパパ

171124.jpg

すっかり、ゴチャゴチャになった水槽3つ。
奥から、マングローブ、海ヤド、オカヤドカリ水槽。
そろそろ、3つの水槽を合体させる日が近づいてきた。
そこで悩んでいるのがサイズ。
今現在、オカヤド水槽は、45cm×30cmの底面積があるが、新しい水槽でも同じくらいの面積は必要だろう。
また、マングローブと海ヤドのスペースを考えると、90cm×30cmではギリギリか?

しかし、120cm×30cmまで大きくして大丈夫なのか?
水槽の重さだけでも結構な重さになるはず。
またわが家のスペースをそれだけ占領することにもなる。

悩んで決めきれずに、水槽を発注できずにいる。
ただ、いまこの水槽3つで、ほぼ120cm×30cm、占居しているのだが・・・
posted by キョウ at 07:39| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

わが家のオカヤド・・・ナンシー

by やどパパ

171121.jpg

ナンシーはメス。
昨年、9月下旬に、インディとともにわが家へ。
来てすぐ宿替えをして、その後一年以上同じ貝殻。
一回、他の貝に宿替えしたがすぐもどった。下記参照。
http://yado-ikka.seesaa.net/article/1851669.html
脱皮は、11月、5月、9月と3回。

なんか、そろそろ宿替えねらいで、いろんな貝を入れてみよう!
とはいっても、いつもそれなりに入れてるんだけど。
posted by キョウ at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

わが家のオカヤド・・・インディ

By やどパパ

171111.jpg

この前、出てきた日に一緒に撮った写真。
オカヤドは脱皮後1週間から10日くらいは砂のなかで脱皮殻を食べてから地上に出てくる。
インディは、植木鉢の土の中から出てきたが、貝殻に土が付いている。

わが家のオカヤドカリの中では最小。
1年間であまり成長していないのか?
海ヤドにほぼ同じ大きさの貝殻に入っているのがいるが、今度一緒に写真を撮ってみよう!

いまの貝殻より少し大きいサイズの貝殻で、いいのがあれば水槽にいれておこう。
しかし、こうしてみるとなんかエビっぽいなー。
posted by キョウ at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

インディが出てきた!

by やどパパ

インディが見あたらなくなってから、23日目。
やっと、出てきた。
だいたい、サンゴ砂の水入れの下の場所と見当はつけていた。
だからガジュマルは交換してもいいかな〜などと考えていたら・・・

171109.jpg

あれ、植木鉢に穴が!
前も、インディは土の中で脱皮したような?
それはまた調べる事にして、まずはメデタシメデタシ。

ちなみに、写真はサンゴ砂の上にいたインディを植木鉢にいれて撮ってます。
今朝は、出勤前にオカヤド槽の砂替えと、海水槽の水替えをしてしまった。
posted by キョウ at 21:31| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。