2006年01月30日

ウミキノコが食べられた!

この頃、徐々にウミキノコの元気が無くなってきていた。
ポリプの伸びが悪くなり、茎はだんだん倒れてきていた。
とうとうポリプを伸ばさなくなり地面にぶつかる所まで倒れたので裏側を見てみると・・・

180130_1.jpg

なんだ?食べられたのか?
犯人は・・・近くにいた!
ケブカガニだ!
うーん、これは一大事だ。ケブカガニはお腹を空かせると何をするかわからない。
結局ケブカガニ、独房水槽行き決定!
ウミキノコは、もしかしていいタイミングかなと思い、2ヶ所切った。

180130_2.jpg
posted by やどパパ at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

まつ毛の謎にせまれるか?

最近のオカヤドカリのアップの写真で、またまつ毛のような物が見えた。
今度こそ、まつ毛の謎にせまってみようとアップの限界に挑戦!

180128_1.jpg

あれ、またまつ毛はよく分からないけど、複眼ってこんな感じかー。
ピクセル等倍まで拡大してみる。

180128_2.jpg

六角形?
posted by やどパパ at 20:48| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

オカヤドカリから世界へ!?

180126.jpg

今年は、個人的に英語に取り組みたいと思っている。
少しは、やっているつもりだが、もう少し何か必然性が欲しい。
それで、思い付いた。
やどかり一家、英語版???
・・・

2週間くらい、実際に始めるか悩んだ。
間違いだらけで恥ずかしい?
3日で終わるかも?

いろんな葛藤があったが、やはりやってみよう!
面白そうだから。
という訳で、やどかり一家 in English 始めました。
http://yado-ikka-in-english.seesaa.net/
posted by やどパパ at 12:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

現在のヤド水槽

さて、インディだが残念なことになるだろう。
植木鉢の中にでも潜っていない限り、寒さと乾燥には耐えられない。
もう少し、いろいろな可能性を考慮してセッティングしなくては。

18日に左右反転し、OT-30をはずし、海やど水槽部分を掃除して、オカヤドの砂も取り換えた。

180123.jpg

脱走の可能性は0では無いが、オカヤドが脱走するには、一度海水を通って左端のコードから上に上がる事になる。
まだ、みずから海水に入っていく様子は無いので今の所大丈夫だろう。
夜は、海水側にフタが無いため、意外と冷える。
この写真の左側に窓があり、そっちがわが家で1番寒い。
100円ショップで、簡単なプラケースを買い、それを海水側のフタにすることにした。

写真は無いのだが、19日の朝に驚く事があった。
やどパパドームと呼んでいる、オワンのようなものが置いてありオカヤドはよくそこで寝ている。
朝、パッとめくると何か不自然だ。
黒い貝殻がある。
ホンヤドカリだ。
夜中にオカヤド側に来てしまい帰れなくなって、ドーム内でオカヤド達と一緒に寝ていたようだ。
写真を撮るのも忘れ、急いで海水に入れる。
ゆっくりと貝から出て動き始めた。
よかった。
やはり、この海水と陸の水槽は高低差に無理があるのかもしれない。
やどかり達が地形を覚えてくれればいいのだけれど。
posted by やどパパ at 18:50| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

インディ、行方不明

最近、仕事が忙しくなかなか、家にいる時間がなかった。
昨日の19日、久しぶりに休みだったので、ヤド水槽をひっくり返す(左右反転)事にした。
そして、OT-30という外掛けフィルターをはずし、オカヤドの脱走の可能性を減らし
オカヤドの砂替えをして、銀とりんちゃんの様子を探る計画だ。

徐々に計画は進み、
オカヤドの砂をそうっと取っていく。
砂は予想外に湿っていた。
と、いきなり

180120_1.jpg

りんちゃんがいた。
周りの砂を取っても、動きそうにない。
持ってみると、すこし動いた。まるで冬眠?
脱皮殻も見た感じ、見つからない。

ほっといて、また砂を取っていくと、今度は銀がいた。
りんちゃんと似たような感じだ。動き出したりはしない。持ってみるとすこし動くが、顔を出してはこない。
ハサミでフタをしたままだ。
銀の写真も撮ろうかな、と思ったが・・・

なにか、変だ・・・
インディがいない!
砂はもう半分以上取り除いている。
いてくれよー、と思いながら砂を取っていく。
インディはいない。
ほぼ、砂は全部バケツに移していた。

インディは小さいから、間違って砂と一緒に取り出したかもしれない。
もう一つのバケツに、水槽から取り出したばかりの砂をまた移していく。
今度はすこしずつ、慎重に。
やはりインディはいない!

脱走だ!
ひとあし遅かった。
もう少し早く対策するべきだった。
反省すべき点は多々あるが、いまはインディを探さなくては。

ありとあらゆる所を探した。
冷蔵庫の下からタンスの中まで。
押し入れの中から下駄箱の中まで。

どうしても見つからない。
いつから、いなくなったのか?
1週間前後?
わが家は、気温的には大丈夫な場所は結構あると思うが、湿度が問題だ。
水分が無くなればダメだろう。

180120_2.jpg

1/8のインディ。
音がしないかと、耳を澄ますが・・・
posted by やどパパ at 21:39| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

フタバナヒルギとコヒルギ

前の、マングローブの記事が間違ってました。
http://yado-ikka.seesaa.net/article/8184417.html

メヒルギと書いてますが、コヒルギです。
どこかで、勘違いしていました・・・

180116.jpg

さて、フタバナヒルギとコヒルギ。
写真左上の葉が多いのがフタバナヒルギ。
左下の2枚の葉がコヒルギ。
右のキツツキみたいなのが、いきなりポキッと折ってしまったフタバナヒルギ。
なんとか、3ヶ月ですこしづつ成長してるようだ。

問題は、高さがちょうど水槽のフタ部分と同じくらいなので
水槽の黒い枠が太過ぎて太陽光があたりづらいのと
専用のフタを作らない事には、オカヤド脱走の空間ができてしまうこと。
まあ、いつか改良しよう。

もともとの計画では、メインの水槽とサイドフローでつなげる事も考えていたが、
わが家の居住空間的に、やはり無理だ。
海水の高さは測ってみたら14cmだったので
45cm×30cm×14cm=18900cc≒19L
19Lで、このままうまく維持できるか、もう少し調べる事にするか。
なんといっても今までかなり適当だったので。
posted by やどパパ at 12:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

水槽合体から1ヶ月

180114_1.jpg

水槽合体から1ヶ月が過ぎた。
観察しているかぎり、オカヤドカリが望んで水中に入った様子はない。
ナンシーが、海水をチョロッとなめては、また戻るというのを数回目撃した。
あとは、リンリンとインディが落ちて海水に入り自分で出れなくて助けたことがあり、
年末にその辺を改良した。
写真でわかりづらいが、大きい橋の他に小さいエンビのパンチシートを角の部分に追加してある。
見えないけど逆側も。
オカヤドカリは、よく水槽の壁伝いに歩いて角にいき、角のシリコンを登ろうとするからだ。

海水部分は、コケであまり中が見えない。
上から見ると意外に透き通っている。

話は変りますが、mixiで、caveさんにやどかり一家!!!を紹介してもらってありがとうございます。
mixiは入ってないので、今度caveさんのBBSにおじゃましに行こうと思ってます。
posted by やどパパ at 10:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

おすすめ撮影テク!

今回はいつものやどかり一家!!!と趣向を変えて、

インターネットで、いろいろ検索してさまざまな知識や工夫の仕方など教わっている。
そういうことに対する感謝の気持ちとして、何か有益な情報を発信したいと思い、今回の記事にする。
知ってる人は読み飛ばして下さい。

ここ一年で、一眼デジカメがだいぶ安くなり普及してきた。
この技は、レンズ交換出来るカメラ限定です。

最近の、微生物や、やどかりのアップの写真は非常に簡単なしくみで撮影している。
知らないとビックリな方法なのだが・・・

答えはこれ。なぜかモノクロ写真です。

180112_0.jpg

リバースアダプター。
2205円の文字が見える。(これは、キャノンEOS用ですが各社のカメラ用にもあるはず。)
安い!レンズを買うのに比べたら、すごく安い。

180112_1.jpg

中身はこれ。
なんか普通だが・・・

180112_2.jpg

レンズに付けて

180112_3.jpg

ひっくり返して、逆に付ける!
これで、もうミクロにマクロな世界!
最近のやどかり一家!!!のマクロ撮影は大半がこの方法です。
一眼デジカメを持ってる方は、普通のズームレンズもあると思うので、ぜひ試してみて下さい。
わが家では、このフィルター?というかアダプター付けっぱなし状態で、ちょこちょこひっくり返したりしてます。

長所、短所ありますが、けっこう遊べるおすすめ撮影テクでした!
posted by やどパパ at 23:53| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ホンヤド脱皮

今日、ホンヤドカリが脱皮した。
久しぶりにきれいに脱皮殻が残っていたので・・・

なんか、面白く撮ってみようと思い

180111_1.jpg

こんな風になった。
よく、うまく脱げるものだ。
しかし、オカヤドは1ヶ月潜って脱皮するのに、海ヤドはパッと脱ぐのだろうか?
まだ、海ヤドの脱皮は目撃していない。
水槽内のホンヤドカリはいたって普通のようすだ。
ホンヤドカリ、2匹
ケアシホンヤドカリ、2匹
イソヨコバサミ、2匹
謎のやどかり、1匹
いるのだが、ペアになってる様子は全くない。

水槽のガラスがコケで中が見え辛くなってしまった。
早いとこ貝を投入したいのだが、近くのショップには最近見あたらない。
一気に掃除すると、微生物に影響が大きい気がするが、掃除するしかないか?
posted by やどパパ at 19:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

まつげ?

エダアシクラゲは、今日は21個体ほどいた。
軽く数えただけでそれだけいたので、恐ろしい。
水流が足りないせいかと、使っていないパワーヘッドを設置して少し足した。

180109_1.jpg

さて、3匹だけで長い事過ごしているオカヤド。
リンリンが、このごろよく砂を掘っている。
昼夜、よくわからない活動タイムだが・・・

180109_2.jpg

あれ、目の上にまつげのような?
前にもそんな写真があったような?
さらに

180109_3.jpg

いやーオカヤドカリって、目がポイントだなー。
posted by やどパパ at 20:04| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

謎の生物2 解決篇!

本題の前に、わが家のオカヤドカリだが、
12月の12日ごろ潜った銀とりんちゃんが、まだ出てこない。銀は一度19日くらいにちょっとだけ地上に出たが。
脱皮期間としては、そろそろ1ヶ月。
だんだん、安否が気になってきた。
今回は、意外と乾燥したりしたこともあったし・・・
うーん。

さて、それは置いといてこの前の謎の生物2だが、
モノリスさんのコメントでクラゲ?と書いてあった。
それまでは、全くクラゲなど考えもしていなかったのだが。

昨日、もう一度写真を撮ってみようとした時には、見つからなかった。
今日は、いるいる、14個体いた。

この前より鮮明な写真を撮ってみたいとのぞいてみると

180108_1.jpg

これは、横位置・・・クラゲ???
その後、写真におさめることは出来なかったが、1個体が、水中を泳いだ。
この写真の上下逆の状態でふわっふわっとまさにクラゲだ!

いそいでクラゲで検索してみるが、いまいち写真のあるサイトが見つけれなかったが
ついにたどり着いた。

クラゲ写真館
http://www2.fish-u.ac.jp/jellies/kuragesyasinnkann.html

ここで、写真をみていると、いきなり似たようなクラゲがいた。
エダアシクラゲ。

今度はエダアシクラゲで検索してみると

エダアシ君の写真集
http://ww1.tiki.ne.jp/〜ishizue/edaasi.html

ここに、非常によく似た写真があった。
わが家のは、まだ小さいのだろう。
もう少しは大きくなるようだ。
このままで、うちの水槽は大丈夫なのだろうか?
いったい、どこから進入したのか?

180108_2.jpg

コペポーダを食べるようだ。
爆発的に増えないでくれー!
posted by やどパパ at 18:17| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

マガキガイ対ケブカガニ

180107.jpg

年末に、シッタカ?を4匹ほど購入。
水槽に茶ゴケがすごく、それを食べて取り除いてもらうため。

水槽投入後、1時間後にはケブカガニに3匹捕らわれていた。
あまりにも早く捕まったので、ライブロックをよけて3匹救い出した。

それから数日。
やはり、シッタカと思われる貝は。ケブカガニのエジキに。
写真、右下にその貝殻がある。

そしてなぜかまた地中から出てきたマガキガイ。
シッタカを食べてしまったケブカガニは、マガキガイをいつもねらっている。
今回はついに捕まったかと思ったが、水槽のガラス面を登って逃げた。

ケブカガニも、襲いそうで襲わない。
不思議な関係の2人組。
posted by やどパパ at 22:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

謎の生物2

180106_1.jpg

ヤド水槽、海部分のガラスに発見。
丸い部分で1mm〜1.5mmくらいか?

もしかして・・・

ゾシー?

不思議な色だなー、デジカメのせいでは無いと思うけど。
さらにアップ。

180106_2.jpg

あんまり印象変らない。
もうすこし鮮明なアップがとってみたい気もしてきたが・・・

だいたい、このアップ写真を手持ちで撮ってるって、、、頭悪いなー。
posted by やどパパ at 12:42| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

脱走成功?

180105_1.jpg

昨日、ふとみるとリンリンが綱渡り。
なかなか進まないので、ジッと見ているわけにもいかず・・・

カタンと音がして見にいってみると

180105_2.jpg

脱走は失敗に終わり、海の中。
さあーもどれるかな?
橋は、年末に少し改良してある。
オカヤドカリは、とにかく水槽の壁づたいに歩き、角のシリコンのところを登ろうとする。

それで、手前の角の部分には、パンチシートを追加したのだ。
リンリンは・・・
奥の角だ!
そっちはまだなにもしてないよー。
手前のほうにくる様子も無く、また助け出しました。
posted by やどパパ at 08:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オカヤドカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

サンゴイソギン

新年あけましておめでとうございます。
今年もマイペースで進むやどかり一家!!!ですが、よろしくお願いします。

さて、サンゴイソギンチャク。
もとはといえば、やはりカクレクマノミとイソギンチャクの共生が見たくて、飼育を始めた。
しかし、カクレクマノミは、ハタゴイソギンチャクやシライトなどが好み。
サンゴイソギンにも入らなくもない・・・

というような事は一応知りつつ、飼育のしやすさで選んだサンゴイソですが・・・

現在

180103.jpg

飼育当初

180103_2.jpg

かなり縮んで小さくなってしまいました。
水流、光、水質、いろいろ工夫してみたけど縮む一方。

飼い始めた当初は、全く縮まなかったので、採取時の影響は結構あったと思う。
その後、カニ?かなにかに、一部ちぎられ、正気を取り戻したが、どんどん小さくなる。

昨年末から、ついにエサをあげることにしました。
サンゴイソギンにエサをあげるかどうかは、いろんな考えがあるようだが
わが家のイソは、エサをあげると調子がいい事がわかった!
こんなことなら、もっと早くあげればよかった。

というわけで、ほんとは週1ぐらいでいいんだろうけど、ついつい2日に一回くらいのペースでクリルをあげている。
早く、大きくなれー!
posted by やどパパ at 19:09| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 海水魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。